亜鉛サプリランキング!飲むなら天然を選ぶべし!

亜鉛サプリランキング!

亜鉛サプリを飲むなら、化学合成で作ったものでなく、天然素材で作ったサプリを。牡蠣やしじみといった、亜鉛を豊富に含む素材からのサプリが理想的です。というのも、天然素材で作ったサプリは栄養の吸収率が優れているから。また、身体への負担も小さいのです。さらに、亜鉛の配合量が多いものを選びましょう。

 

亜鉛の1日推奨量(30〜69歳)は、男性10r(上限45r)、女性8r(35r)。サプリを利用する場合は1日摂取上限を超えないように注意。当サイトでは、天然素材で作られた亜鉛サプリをご紹介しています。

 

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαは、1日分に生牡蠣6個分の亜鉛サプリです。ぷりぷりの広島県瀬戸内海産の牡蠣を使用しています。牡蠣から抽出の濃厚なエキスを使っているので、豊富な栄養素が自然な形で摂れます。1日めやす3粒に、16rの亜鉛を配合。ビタミンやミネラル豊富な、マカと高麗人参をプラス。飲みやすいソフトカプセルにしているので、独特のニオイもなく、牡蠣が苦手な人にもおすすめ。初回限定!毎月お得コースなら、80%OFF980円(税別)。

価格 980円
評価 評価5
備考 1日目安3粒に16rの亜鉛

 

海乳EXの特徴

海乳EXは、1袋に牡蠣を約155個使用の牡蠣サプリです。ぷりぷりの瀬戸内海産の牡蠣を使い、牡蠣エキスを抽出しています。牡蠣のミネラルやビタミンをそのまま摂ることができます。1日めやす2粒に、12rの亜鉛を配合。余計なものはいらないという方にも、おすすめです。お得な定期コースは、初回半額980円(税込)。

価格 980円
評価 評価4
備考 1日目安2粒に12rの亜鉛

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、しじみと牡蠣の亜鉛サプリです。静岡県産しじみエキス、岡山県産牡蠣エキスを使い、亜鉛のほかミネラルやビタミンを豊富に含有しています。また、スクワレンやシスチンなどをプラスして、ソフトカプセルに仕上げています。1日めやす3粒に、シジミエキス末10r・牡蠣エキス末10r配合。初回限定、定期コースがモニター価格980円(税込)。

価格 980円
評価 評価3
備考 1日目安3粒にシジミエキス末10r・牡蠣エキス末10r

 

亜鉛とは?基礎知識を学ぼう

 

 

およそ60兆個。それが、私たちの身体を構成する細胞の数です。また、細胞は複数の成分によって構築されています。具体的には、「水」、「脂質」、「たんぱく質」、「炭水化物」、そして「無機質(ミネラル)」の5つです。特に無機質、ミネラルを、人は体内で生成することができません。食べ物から摂取することが必要となる成分の内のひとつです。また、ミネラルの中でも、0.0001%〜0.01%しか含まれていないもののことを、「微量元素」と言います。一方で、私たち人間が生命を維持していく上で、決して欠かすことができないものを、「必須ミネラル」と、そう呼ぶのです。

 

微量元素と必須ミネラルの両方の名を持つ成分があります。それが亜鉛です。具体的な量としては、体重60キロの成人の体内2グラム程度とされており、その内のおよそ60%は筋肉に、およそ25%は骨に含まれています。残る5%は、血中や肝臓、前立腺と言った全身に散らばる組織に微量ずつ含まれており、その多くはたんぱく質との結合が常となっています。この亜鉛が、人の身体に対してどういう点から重要性、必要性を持っているのかということが判明したのは、1960年代以降になってからのことでした。

 

「脳や身体の成長に欠かすことができない成分」

 

まず、亜鉛は200種類以上の酵素の構成成分としての役目を担っています。そのため、酵素反応の活性化や体内のあらゆる代謝活動を促す上では、決して欠かすことが許されない成分なのです。さらに亜鉛は、脳や身体の成長を下支えする働きを持っており、具体的に、以下のような特徴を持っています。

 

@たんぱく質、DNA、RNAを合成する
A細胞分裂を促進させる
B傷ついた組織を修復する
C骨の成長をサポートする
D視覚・味覚機能を維持する

 

実は、亜鉛と味覚には関係があることが知られています。一例を挙げてみると、味覚機能が低下する「味覚障害」の原因が、亜鉛不足にある、というものです。また、この他にも亜鉛は様々な事柄と結びついています。免疫機能の維持。膵臓から分泌され、血糖値を下げる。インスリンの合成と貯蔵に関わることで、血糖値を調整したり性ホルモン、精子といった性機能の維持を行う――このように、亜鉛は人体を支える重要な役割を担っているのです。近年では、デトックスサプリという、ある「たんぱく質」を引き連れてくるものが注目されています。この「たんぱく質」は、有害物質を捕えることで毒性を抑制し、そして排泄させるという効果を持っています。

 

亜鉛を摂取することに関して言えば日頃の食生活がバランスよくできていれば問題はありません。しかし、ときに料理の過程で亜鉛が損なわれてしまうことも多くあります。また、インスタント食品やファストフード、あるいは偏った食生活を続けたり、極端なダイエットをしたりすると、亜鉛が不足するという事態に陥ってしまうため、注意しましょう。

 

素晴らしき亜鉛の効果・効能

 

亜鉛は人間の体内において様々な働きをしています。その活動範囲の広さは、数あるミネラルの中でも非常に多岐にわたっており、主に以下のような役割を果たしています。

 

・酵素の活性化
・細胞分裂の関与
・成長ホルモンの機能維持による発育のサポート
・組織の損傷による回復のサポート
・性能力の活性化
・安定した妊娠のサポート
・生体膜の安定化によるアンチエイジング
・コラーゲン合成による皮膚の健康維持
・中枢神経の形成による精神安定効果
・免疫力の強化
・視力の維持
・味覚機能の安定化
・体内に入ったアルコールの分解
・血液に含まれるコレステロールの調整
・二酸化炭素の調整
・活性酸素の除去による細胞の老化防止

・体内の有害金属の除去

 

このように、亜鉛が不足するとそれだけでも体調不良の原因につながります。

 

人間の体の中には数千を越える酵素があり、生命活動を維持するための様々な働きをしています。たとえばウイルスなどの外敵への対処やホルモンの生成などがその主な役割です。酵素の中でも特に身近なもののひとつが「消化酵素」ではないでしょうか。

 

消化酵素には「アミラーゼ」や「プロテアーゼ」「リパーゼ」などがあり、それぞれ炭水化物やタンパク質、脂肪の分解をする役割を果たしています。こうした酵素の働きで食べ物は腸で吸収される状態に分解され、吸収されやすくなります。

 

この酵素は洗剤にも利用されており、わずかな量でもすぐれた洗浄効果をもったものが増えてきました。こうした酵素のうち、およそ300種類ほどの酵素は亜鉛がその働きに関係しており、亜鉛がなければ満足に働くこともできません。

 

最近では亜鉛に対する重要性も高まっており、医療現場をはじめ様々な分野・業界で活用されるようになっています。特に医療業界では胃潰瘍などの治療にも利用されている他、細胞の新陳代謝にも関係していることから赤ちゃんの発育にも利用されています。具体的には亜鉛を配合した粉ミルクの開発など、各分野でその有効性が注目されています。

 

亜鉛サプリの選び方!天然がおすすめ

 

亜鉛サプリの中には、天然ものと合成のものがあります。天然サプリは、食べ物から成分が抽出されたものになります。天然サプリは化学的に作られている合成サプリよりも、その吸収率が良いとされています。

 

具体的には、食べ物が元々身体に馴染み深いことから、吸収がスムーズにいきやすいようです。一方、合成サプリでは、身体に馴染みの薄い化学的な成分で生成されているため、吸収に鈍りが生じるとされています。

 

その差は、実際に得られる効果に違いが生まれるほど大きく、やはり天然サプリの方が実感率は高いとの声が多く挙げられています。しっかりと効果を得るためにも、天然サプリを選択することが大切になってきます。

 

天然サプリのほとんどは、普段から皆さんが口にしている食べ物から抽出されています。そのため、食べ物にアレルギーを持っていない限りは、副作用が起きることもありません。

 

さらに、吸収をスムーズに行われることから、胃腸にかかる負担も少なく、身体に優しいサプリであると言われています。

 

一方で合成サプリの場合には、化学物質が用いられていることから、身体に害が起こる可能性も懸念されます。吸収もスムーズに行われないことから身体にかかる負担も大きくなるため、天然サプリの方が効果や性能面で優秀ということになります。

 

亜鉛サプリの効果的な飲み方

 

亜鉛は食後に飲むことが最適とされています。反対に、空腹時にふくようすると胃があれてしまい、ときに吐き気などの副作用を催してしまうことがあるようです。効果も半減されてしまうと言われているため、胃に何も入っていない時の服用は控えるようにしましょう。

 

なお、飲む前にビタミンCやクエン酸を摂取しておくとより効果が期待できます。これらの成分は亜鉛の吸収率を上げてくれる働きを持っているのです。果物や野菜に含まれています。

 

また飲み方としては1度に1日の摂取量を飲んでしまうのではなく、朝・晩といった風に何分割かすることが大切です。そうすると、胃への負担も小さくなり亜鉛が体内に溜まっている時間が短くなるため、血中濃度を乱すようなことがなくなるのです。

 

一緒に飲むものとしては、水がお勧めです。反対に、カルシウムや鉄分、銅が含まれている牛乳、紅茶、珈琲などで飲むと、亜鉛の吸収率が低下する恐れがあります。

 

効果の度合いは選ぶ亜鉛サプリと飲み方が重要

 

口コミなどを見ると、亜鉛サプリで効果を得られたという書き込みをしている人がいる反面、あまりその実感を得られなかったという人もいることがわかります。効果が十分に得られない原因としては、サプリの選び方や飲み合わせに問題があることがほとんどです。

 

その証拠に、飲むサプリを変えてみたりカスタマーセンターなどで正しい飲み方を教えてもらったりすることで、効果が得られるようになったという方が多いという調査結果があるのです。亜鉛サプリに限らず、サプリを使用する際には選び方や飲み方を軽んじないようにしましょう。